はじめてのふるさとのうぜい

先日のblogで、少しだけ触れました、何かと話題のふるさと納税。
昨年末には、ふるさと納税サイトのCMが大量投下されていましたね。
『各地の美味しい食べ物届いて税金が安くなる!』
『Amazonのギフトカードが貰えて税金が安くなる!』
『パソコンや家電が貰えて税金が安くなる!』
昨年、はじめてのふるさと納税を経験した私本人の体験談を元に、簡単に解説をしてみようと思います。
*脳内BGMをB.B.クイーンズの『ドレミファだいじょーぶ』にしてご覧ください。

ちびまる子ちゃんの主題歌がB.B.クイーンズと思っている 貴方!貴女!
子どもウケ狙って歌ったら、違う!って言われますからね。

ふるさと納税ってなに?

ふるさと納税とは、
自分の選んだ自治体に寄付(ふるさと納税)を行った場合に、寄付額のうち2,000円を超える金額について、所得税と住民税から原則として全額が控除される制度です(一定の上限はあります)。
※総務省HPふるさと納税とは?より

例えば、年収700万の給与所得者の方で扶養家族が配偶者のみの場合、
30,000円のふるさと納税行うと、2,000円を超える28,000円が、所得税と住民税から控除されます。寄付する自治体は、自分の生まれ故郷だけでなく、お世話になった自治体や応援したい自治体等、どの自治体でも、ふるさと納税の対象となります。

寄付可能額(収入によって違います)さえ分かれば、2,000円を超える分が控除されるので、どうせ払う税金なら…の考えで、寄付可能額のギリギリまで使っても良いかもしれませんね。※寄付可能額は、下記URLから調べられます。
まずは、その金額を調べる為に、源泉徴収票を準備してください。
年収に大きな変化がないのであれば、昨年の源泉徴収票を使って、目安の寄付可能額を出して、早めに寄付するのも手だと思います。

https://furunavi.jp/deduction.aspx

返礼品を選ぶ

寄付可能額さえわかれば、後は返戻品を探すだけ。ちょー簡単ですよね。
自分の出生地を選ぶも良し、食べたいモノを探すも良し、家電品やギフトカードを選ぶも良し。
自治体によっては、ふるさと納税のHPを作っている所もありますが、一般的には、ふるさと納税サイトからチョイスする方が多いかと思います。
ちなみに、ワタクシは、ふるなびというサイトを利用しました。

この、ふるさと納税サイト。Google先生に聞いてみると色々出て来る。
どんな返戻品を求めるのか?でサイトを選んで良いかと思います。

今回、ふるさと納税の返礼品に選んだのは、
バルミューダのトースター
福岡県直方市に寄付したのですが、直方市なんて、知りません。
『のおがた』と読む事すら知りませんでした。それに寄付額は違えど、他の市町村でも、同じ返礼品が出てきたりします。普通に家電店でも売ってます。
直営のオンラインストアでは、22,900円で買えます。

返礼品が、お肉や果物や野菜など、参考価格がないものだと、お得さが分かりにくいですが、今回のように販売金額があると、分かりやすく解説できるかと思います。

【控除額の計算イメージ】

では、ふるさと納税をすると、どれくらいの金額が控除されるのか?
そもそも、控除される税金は、所得税と住民税です。
所得税に関しては、確定申告をする事によって、還付金を受ける事ができます。
但し、住民税に関しては、翌年度以降の住民税から差し引かれるので、手元にお金が戻ってくる訳ではありません。
では今回、どれくらいの控除を受ける事が出来たのか?

直方市への寄付額:62,000円

>所得税の控除額:13,800円
62,000円-2,000円=60,000円×23%(所得税率)=13,800円
※所得税率は、年収によって異なります。
>住民税の控除額:46,200円
62,000円‐2,000円=60,000円×10%=6,000円
に加えて、
62,000円‐2,000円=60,000円×(100%-10%-23%)=40,200円

→控除額TOTAL=60,000円(+返礼品:22,900円)

今回のワタクシのケースで言うと、2,000円を実費として払ってはいますが、
60,000円の控除を受ける事ができて、更に22,900円の品物が貰える。
と、なるわけです。

確定申告とワンストップ特例制度

さて、寄付が終われば、返戻品が来るのを首を長くして待ちます。
ただ、それだけでは、ただ寄付をして終了となります。税金の還付を受ける手続きをしなければなりません。還付を受ける方法としては、2つ。
①確定申告をする
②ワンストップ特例制度を使って、確定申告せずに還付を受ける。

①確定申告
前回のblogにも書きましたが、管轄する税務署に税の申告をします。
寄付金控除の所に寄付金を入力すると、所得税控除分が数か月後に還付されます。住民税は、翌年度分から差し引かれます。

②ワンストップ特例制度
確定申告めんどくさい!でもふるさと納税したい!そんな貴方にもってこい。
そんなワンストップ特例制度は、どんなものかというと、
5自治体以内であれば、1枚の書類と免許証等のコピー提出だけで、確定申告は不要となる制度です。
普通に考えて、5自治体以上に寄付する事可能性は低いと思われますので、普段確定申告をしない人は、この制度を使うと良いと思います。
注意すべき点としては、所得税の還付を受けずに、すべての控除額を住民税として受けるので、先ほど書いた通り、手元にお金が返ってくる事はありません。
簡単な分、お得感は少し薄れますね。

最後に

2018年3月31日、紅白歌合戦を見ながら、締め切りギリギリに寄付しました。
という位、寄付には時間を要しません。
(ギリギリに寄付したので、殺到したのでしょう。まだトースターは届いていません)
クレジットカードも使えるので、ポイントを貯めている人は、更にポイント分の恩恵を受ける事もできます。
大阪府泉佐野市のように、どこかで見たようなプロモーションをうつ自治体もあります。地域の特産品を使って、地域の経済発展に付与するという所からは、大きくかけ離れています。国も制度自体の見直しを始めています。
まだまだ問題は山積みですが、モノは試しで、一回やってみると良いかと思います。めっちゃ簡単です。
どうすれば良いの?等の相談あれば、ぜひ。

ふるさと納税のその後

※2019年4月22日追記
ふるさと納税の返礼品遅延というYahoo!ニュースに見事取り上げられてのですが、返礼品として受け取る筈だったトースターの商品在庫が確保されず、直方市の市長から謝罪文が届くという事態に…。在庫確保をするのに、更に半年以上掛かる…との事で、商品券が届くという事態にまでなりました。

その商品券は、オンライン販売価格+2000円
佐賀県の業者が、商品手配を請け負っていたらしいですが、仕入れ能力のキャパを超えてしまったという訳。家電店に行ったら普通に在庫販売してますからね。
2,000円追加で払う事で、佐賀県業者はかなりのマイナスを被っただけではなく、対応に追われる直方市の職員等経費、市政に対する信頼のマイナスは計り知れないものはありますね…。想像しただけで辛い…
ま、そんなワタクシは、届けられた商品券で、無事にトースターを購入。美味しい朝食ライフを無事にスタートさせて、はじめてのふるさと納税は終了しました。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です